このページの先頭です

PR・プロモーション

プレミアムフードって結局何?手作りドッグフードとの違いは

1439views

投稿日:

プレミアムフードは犬の健康にこだわったものが多くなる

愛犬の健康を考える上で、食べさせるものを何にするかは迷いどころになります。こだわりたい人の中には、手作りでごはんを作る人もいますが、プレミアムドッグフードを与える人もいます。しかし、プレミアムドッグフードは値段が高いものが基本になるため、どのように選べばいいのわからないという人もいます。ポイントになるのが一般的なドッグフードとの違いです。

一般的なドッグフードは量を食べさせて満足させることを重視しているため、本来人間の口に入らないような材料が使われるケースがあります。人間用に使われる食材は高級品になるため、品質に応じて家畜やペットのための飼料用にわけられるケースがあるためです。その方が材料費は安くなりますが、品質管理は悪くなってしまうことがあります。

また、ペットの食いつきを良くするために香料を加えたり、長期間常温放置しても劣化しないように防腐剤などが含まれるケースも増えます。短期間の摂取であれば問題がなくても、長期間摂取を続けることで発病リスクが高まるのと考える人がいる程です。安心してペットに食べさせられるドッグフードを求めて作られたのがプレミアムドッグフードなのです。

プレミアムドッグフードは人間の口に入っても問題がない食材が使われるなど、それぞれに工夫されています。保存料や添加物を控えたものが多く、無添加のドッグフードも誕生しています。手作りごはん以外の方法で保存料や着色料を避けられるのがプレミアムドッグフードなのです。

ただし、プレミアムドッグフードでもメーカーごとに発想が異なります。国内生産のものもあれば、外国から輸入されているものもあります。自分が安心できるかどうかだけでなく、愛犬の食いつき具合や体調の変化のチェックも重要になるため、様子を見ながら食べさせるのがオススメです。

口コミだけでなく実際食べさせて様子を見るのが重要に

プレミアムドッグフードを選ぶのであれば、口コミを参考にするのがオススメです。実績のあるドッグフードほど良い評判が集まりやすく、どのような欠点があるかもチェックしやすいからです。あまり良い口コミばかりの場合はかえって信用できない場合もあるため、良い情報と悪い情報のバランスを見ながら決めるのがオススメです。

ポイントになるのが、犬によって個体差があるということです。口コミで良い評判があっても、実際に食べさせようとするとイメージのギャップが生じる場合があります。プレミアムフードは香料などを使わない場合が多く、最初の食いつきが悪いケースもあります。なれないうちは食べなれたドッグフードを混ぜて出すなど工夫が必要になります。

また、犬の便の状態がどうなっているかもあわせてチェックします。体質に合わないごはんを食べさせていると、下痢や便秘を起こすなど、体調面に悪影響を及ぼすことが多いからです。健康的な状態になったのであれば体質にあっているということになります。

便の状態が悪くなった場合は原材料をチェックしながら、怪しいものを外して別のフードを買った方が健康にプラスになります。体質に合ったプレミアムフードが見つからない場合や、アレルギー体質の場合はごはんを手作りしてしまう方法もあります。ただし、ごはんを毎食、栄養バランスも含めて考えるのは大変な労力がかかります。

ある程度メニューを決めてローテーションで食べさせるなど工夫をした方が良い場合もあるのです。食材をまとめて買って火を通しておく、1食分に切り分けて調理の手間を省く方法もあります。手作りごはんの予備的にプレミアムフードを使う人もいて、時間の短縮や食事のバリエーションの確保に貢献してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です