このページの先頭です

PR・プロモーション

手作りごはんとドッグフードを比較!それらのメリットとデメリット

2080views

投稿日:

手作りごはんのメリットとデメリットを教えて

手作りご飯のメリットを教えて

犬に与える手作りごはんのメリットは、使っている材料が分かることです。市販のドッグフードは、商品の表示を見ても使っている材料を正確に把握することは難しいです。そのため使っている材料が分かることは、とても大きなメリットといえます。犬は家族の一員なので、安心して犬にごはんを与えられることは、とても嬉しいことです。

飼い主がごはんを作るので、犬がアレルギーを持っていてもしっかり対応することができます。手作りごはんは、余計な添加物が含まれていないので、アレルギー持ちの犬にも安心してごはんを与えることが可能です。犬の体調に合わせたごはんを与えることができるというのも、手作りごはんのメリットになります。

手作りごはんなら、ごはんからしっかりと水分を補給することもできます。そして、ごはんに愛情を込められるのが、ごはんを手作りする最大のメリットではないでしょうか。愛を込めたごはんを作ってあげることで、愛犬への愛情は更に深まります。

手作りごはんのデメリットを教えて

手作りごはんは犬の食事に関係する知識がないと、栄養が偏ってしまう恐れがあります。栄養が偏ってしまうと、体調を崩したり、病気になってしまったりするので注意が必要です。手作りごはんを犬に与えたい場合は、犬の食事に関する知識をある程度勉強しておきましょう。

手作りごはんには、手間がかかるというデメリットがあります。ドッグフードの場合は、袋から出してすぐに食事を与えることができますが、手作りごはんはどうしても手間や時間がかかってしまいます。そのため、忙しい人にとって毎日犬のごはんを手作りするのは、とても大変なことです。

市販のドッグフードのメリットとデメリットを教えて

市販のドッグフードのメリットを教えて

ドッグフードは犬の健康を考えて作られており、バランス良く栄養を摂ることができるので、栄養の偏りなどを心配する必要がありません。またドッグフードには様々な種類があり、犬の体調や年齢に応じて選ぶこともできます。そのため、アレルギー持ちの犬に対してはアレルギー対応のものを選ぶことができ、太っている犬にはダイエットに最適なドッグフードを選ぶことができます。

また、手間がかからないというのも大きなメリットになります。手作りごはんだと手間や時間がかかり大変ですが、ドッグフードなら袋から出して器に入れるだけなので、仕事などで忙しい人はドッグフードがオススメになります。

市販のドッグフードのデメリットを教えて

市販のドッグフードは、安全性に不安があるという大きなデメリットがあります。ペットフードの製造や販売には「ペットフード安全法」が規定されており、使用されている素材や添加物を記載するのが義務となっています。しかし、記載されている素材以外の素材を使っている可能性もあります。そのため、使われている素材に不安を感じることがあります。

安全性の高いものを選ぶにしても、そのことは思いのほか難しいでしょう。そのようなことから「販売しているところを信用するしかない」というデメリットが生まれてしまいます。味や臭いなどが原因で「食べてくれないことがある」というのもデメリットではないでしょうか。開封して時間が経つことにより風味が落ち、そのことにより食べなくなる場合があります。

また、ドッグフードの味に飽きて食べてくれないこともあります。そのような場合は、ドッグフードに何か付け足したり、ぬるめのお湯を入れてドッグフードのにおいを強くしたり、何か工夫する必要があります。また、次のごはんの時間まで食べ物を与えないことも、犬がドッグフードを食べるようになる方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です