このページの先頭です

PR・プロモーション

ドッグフードと手作りごはんを併用する3つのメリット

2310views

投稿日:

ドッグフードと手作りごはん、どっちがオススメ?

愛犬の食事を考える上で悩ましいのがドッグフードを与えるのか、それとも手作りごはんを与えるのかという問題です。専門家が栄養バランスを考えて作り上げたドッグフードは健康維持にも食事量の調整にも便利ですが、大切な愛犬には愛情がつまった手作りごはんを与えるべきであるいう考えにもうなずけます。ドッグフードか手作りごはんか。とても悩ましい問題ですが一概にどちらがオススメとはいえません。

ドッグフードのメリット・デメリット

ドッグフードを与える一番のメリットは「手軽さ」です。手軽さというと飼い主が楽をしているように感じられ愛情が薄いように思えるかもしれませんがそんなことはありません。食事量を調整しやすく栄養バランスも確認できるドッグフードは愛犬の年齢や体調に合わせて食事量をコントロールしやすく、愛犬の健康維持という点から見るととても効果的な食事です。

デメリットとしてはフードに使用されている原料への信頼性です。ドッグフードには原材料が表示されていますがどのような材料が使用されているかまで詳しく知ることは困難です。コストをおさえるために質の低い材料や添加物などを使用しているのではないかと疑い出したらきりがありません。

手作りごはんのメリット・デメリット

愛犬のごはんを全て手作りするメリットは「信頼性」です。手作りごはんは飼い主が直接用意するのでドッグフードのように原料に何が使われているかわからない、ということはありえません。厳選した材料で安心して与えられるごはんを用意できます。

デメリットとしては栄養バランスの問題が挙げられます。手作りでドッグフードと同じぐらいの栄養バランスがとれた食事を用意するのは簡単ではありません。手作りのごはんで犬に必要な栄養を与えようとすると材料を厳選する必要があり、コストもかさんでしまいます。

ドッグフードと手作りごはんを併用する

愛犬に与える食事としてオススメなのが、ドッグフードと手作りごはんの併用です。どちらか一方に限定するのではなくドッグフードと手作りごはんを併用して与えればメリットを活かしながらデメリットをカバーできます。愛犬が喜ぶ食事として口コミで広がりつつあるドッグフードと手作りごはんの併用で、大切な愛犬にいつまでも元気に長生きしてもらいましょう。

ドッグフードと手作りごはんを併用する3つのメリット

栄養バランスを調整しやすい

手作りごはんだけだと栄養バランスをとるのが大変ですが、ドッグフードと併用することで栄養の問題は解決できます。手作りごはんで足りない栄養は栄養サポートドッグフードや栄養補助用のふりかけを使うことで補えますし、食事内容に合わせて併用するドッグフードを調整すれば栄養の偏りを防いでバランスの良い食事が実現できます。

犬の食欲があがる

愛犬が進んで食事をしてくれず食の細さに悩んでいる飼い主は少なくありません。たくさん食べて健康に育ってほしいというのは全ての飼い主に共通する思いですが、ドッグフードと手作りごはんの併用により愛犬の食欲をそそる食事をつくれます。どんな犬にも食事の好みというものは存在します。

ネットの愛犬家交流サイトには愛犬の食事に試行錯誤しながら好みの食事を提供している飼い主の口コミが多く寄せられています。多数寄せられている口コミを参考にしてドッグフードを選んだり手作りごはんの献立を工夫したりすることで愛犬の好みにあう食事メニューが見つかるでしょう。

変則的な食事にも対応できる

ドッグフードだけ、あるいは手作りごはんだけを与え続けていると何らかの理由でいつもの食事を与えられなくなったときに切り替えた食事を食べてくれなくなる可能性があります。中には食べつけない食事には絶対に手を出そうとしない頑固な犬もおり、単に好みの問題ではなく健康にも関わる重大な問題です。

普段からドッグフードと手作りごはんを併用して与えておけば、食事を切り替える必要に迫られたときも抵抗感なくスムーズにドッグフードのみや手作りごはんのみに切り替えられ、食事を食べずに健康を損なうリスクを避けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です