このページの先頭です

PR・プロモーション

犬のごはんは手作り?ドッグフード?メリットとデメリットまとめ

2260views

投稿日:

手作りのメリットとデメリット

手作りのメリット

犬のごはんを手作りにするメリットは自分で材料や調理の仕方を選べるということです。ドッグフードだと大まかな材料は記載されていますが、実際に何が使われているかはっきり分かりません。ドッグフードには保存料や酸化防止剤などの添加物が入っている場合が多いですが、手作りであればその心配もありません。

犬の体調や体質に合わせたごはんを与えることができ、食材も新鮮です。犬は飼い主が食べているものを食べたがる傾向があります。犬と同じものを食べることで絆がさらに深まったように感じるという口コミもありました。作りたてのおいしいごはんを食べさせてあげたいという方には手作りがオススメです。

手作りのデメリット

犬のごはんを手作りにするデメリットは手間やコストがかかることです。手作りのごはんはあまり日持ちがしないので作り置きしておくことができず、その都度作らなくてはならないので手間がかかります。犬の栄養バランスも考慮して作る必要があるので、栄養に関する知識も必要になります。栄養バランスを考慮して食材を選んでいくとコストもかかってしまいます。

犬にはネギ類、チョコレート、ぶどう類など絶対に与えてはいけない食材もあるので注意して食材を選ばなくてはなりません。手作りのごはんは水分が多めなので、犬の歯にくっつきやすく虫歯になりやすいともいわれています。手作りのごはんの栄養が適切であるかどうかも含めて犬の体調を把握するために定期的に健康診断をすることをオススメします。

ドッグフードのメリットとデメリット

ドッグフードのメリット

犬のごはんをドッグフードにするメリットは栄養のバランスが取れた食事を手軽に与えられるということです。材料や成分が分かる程度の知識さえあれば栄養や作り方に関しての深い知識は必要ありません。最近では犬種や年齢、目的に合わせたものなどより細分化された商品が販売されるようになって、より愛犬に合ったドッグフードを選べるようになっています。

ドッグフードはコストもあまりかからず、ある程度の長期保存も可能になっています。いつも同じ食事を与えることで犬の体調の変化が分かりやすく、何か異常があればすぐに発見できるというメリットもあります。ドッグフードは比較的硬いので、柔らかい食事に比べて歯石が溜まりにくく虫歯のリスクを減らすことができます。

最初からドッグフードを与えることで飼い主が食べているものを欲しがらないというしつけにもなります。ドッグフードは人工添加物が不使用なもの、新鮮な食材を使っているもの、穀物が使用されていないグレインフリーのものがオススメです。口コミではカナガンドッグフード、NDFナチュラルドッグフード、FINEPETSなどが好評でした。

ドッグフードのデメリット

ドッグフードのパッケージに記載されている材料や成分はあいまいな表現もあり、入っているもの全てを正確に把握することはできません。肉やミートと書いてあるだけで何の肉なのか分からないことも多いです。

長期保存が可能ということは酸化防止のため酸化防止剤や保存料などの添加物が含まれていることを意味します。保存はできても開封してから日が経ったドッグフードは品質や風味が落ちてしまうため犬が食べてくれないこともあります。

与えているドッグフードが合わないからといって、他のものに替えても材料や成分に大きな違いはないのであまり改善が見られないことが多いです。ドッグフードから手作りに切り替えたところ涙やけがなくなったという口コミもありました。限定された情報ではありますが、材料や成分を参考にして愛犬に合っているものを選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です