このページの先頭です

PR・プロモーション

素材にもこだわりたい!愛犬の体に合った手作りごはんとは?

877views

投稿日:

ドッグフードの選び方

重視すること

かわいい愛犬の大切な食事でもあるドッグフードは、愛犬の健やかな成長や健康状態を左右するほど、重要なものです。だからこそどんなドッグフードを与えるか慎重に選ぶ必要があり、それが飼い主の愛犬に対する責任でもあります。

ドッグフードを選ぶ際に何を重視するかにより、愛犬に与えるべきドッグフードも変わってきます。インターネットの口コミサイトなどでも優秀なドッグフードについて調べることができますが、実際に選ぶ際には、どんなことに気を付けて選ぶといいでしょうか。

素材

愛犬が口にするものであることを考えると、1番に気にすべきことが、その素材です。できるだけ無添加素材を使用し、人工添加物などが含まれていないものがオススメです。

日持ちさせるために使用される酸化防止剤や、缶詰などに多く含まれている着色料などが使用されているようなドッグフードは、できるだけ避けるようにしましょう。これらの人工添加物の中には、アレルギーの原因となったり、発がん性を有するものもあるため、注意が必要です。

新鮮

使用されている素材の鮮度も、選ぶ際に重視すべきことです。鮮度が落ちた素材を使ったドッグフードは、内臓機能が人間よりも劣る犬が摂取すると消化に時間がかかり、体に負担をかけてしまうことになります。人間が口にしても問題ないくらいの、新鮮な素材を使用したものを選ぶことをオススメします。

栄養バランス

どんなに栄養価の高い素材が含まれていたとしても、全体的な栄養バランスが悪ければ、愛犬の体にとってはマイナスとなってしまいます。犬も人間と同じで、バランスの取れた食事を摂取する必要があるからです。犬の体にとってあまりよくない穀物類が多く含まれているものや、1つの素材だけが多く配合されているようなドッグフードは、できるだけ避けるようにしましょう。

コスパ

毎日与えるドッグフードだからこそ、コストパフォーマンスを考えることも忘れてはいけません。どんなに栄養価が高いドッグフードであっても、コスパがよくなければ継続して与えることができなくなってしまうからです。そのドッグフードにかかるコストと、含まれている素材、栄養価の高さとバランスなど、すべてを比較しながら選択する必要があります。

ドッグフードの手作り

手作りする目的

犬も人間と同じで、食品にアレルギーを持っていたり、好きな食材や苦手な食材があったりするものです。また病気をしたり、ストレスを感じることでも食欲が低下し、食べる量が減ってしまったりします。そんな時こそ思い切って、手作りのごはんを与えてみることをオススメします。

手作りのごはんは手間暇がかかり、飼い主にとって作ることは大変ですが、愛犬の健康状態を管理することを目的とするならば、素材がはっきりしている手作りのごはんほど、安心して与えられるものはありません。愛犬の年齢や体質など、しっかり状況に合わせて作ることができることが最大のメリットです。

旬の素材を取り入れてみたり、ドッグフードには含まれていない素材などを使えることで、食事のアレンジを広げることができます。インターネットの口コミサイトや、手作りごはんに関するサイトで検索すれば、食事のレシピを増やすこともできます。

手作りドックフードを作るポイント

市販されているドライフードやウェットフードなどのドッグフードは、消化に時間がかかることもあり、時として犬の体にかかる負担も大きくなることがあります。手作りのごはんを作る際には、消化や鮮度がいい素材を中心に、栄養バランスも考えながら選ぶことがポイントです。

犬は雑食動物と言われますが、肉食系の動物でもあるため、動物性のタンパク質の割合を多くしながら、他の栄養素と組み合わせて作ることで栄養バランスの良い食事を作ることができます。

ねぎなどの食材は、犬に与えてはいけない代表的な食材として広く知られていますが、市販のドッグフードを与えている時には知らなかったようなことも、しっかり把握してから手作りしなくてはいけません。ネットの口コミなどに左右されず、愛犬の体に合ったごはんづくりを心がけることが、飼い主の責任であり、役目でもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です