このページの先頭です

PR・プロモーション

愛犬の健康のために!ドッグフードの正しい選び方と食べさせ方

1256views

投稿日:

愛犬の健康のためのドッグフードの選び方

健康の維持には食事が重要、これは犬も変わりません。通常、犬のごはんはドックフードです。ですが、ドッグフードには色々な商品があり、それぞれ原材料が異なります。どれが自分の愛犬に合っているのか、わからない人も多いでしょう。どのようなドッグフードを食べさせるかによって、犬の体調や寿命は変わってきます。愛犬に最適なドッグフードを選んであげましょう。

ドッグフードを選ぶ時にまず注目してほしいのが、原材料です。まずは、最初に記載されている主原料に注目してみましょう。犬は本来肉食の生き物です。穀物や野菜も食べることはできますが、ドッグフードの主原料は肉類が望ましいです。また、主原料のチキンやラムの後ろに、エキスやミールといった表記がある場合は注意が必要です。

肉そのものではなく、その他の部位が含まれている可能性があります。肉そのものが主原料のドッグフードをオススメします。また、酸化防止剤や着色料にも気をつけましょう。トルエンやエトキシキンといった酸化防止剤や、色と数字で表される合成着色料はなるべく避けてください。また、中には食物アレルギーをもっている犬がいます。

特に穀物でアレルギーを引き起こす犬は多いです。穀物類が原材料に入っているドッグフードはあまり良くありません。ただ、犬によっては通常の食品でアレルギーを引き起こすことがあります。皮膚を痒がる、お腹を壊すといった症状が出たら、すぐに食べさせるのをやめてください。また、ペットショップでサンプルを貰うのも良いでしょう。

アレルギーや食いつきがわかるので、まずはサンプルで試すことをオススメします。また、ドッグフードを選ぶ時は、口コミを確認しておきましょう。実際ドッグフードを食べさせた人の感想はとても参考になります。良い口コミと悪い口コミ、両方を調べた上で選ぶようにしましょう。

愛犬の健康のためのドッグフードの食べさせ方

ドッグフードは、回数と量を守ることが重要です。成犬の場合、ごはんの回数は一日に2回です。朝と晩の2回、なるべく同じ時間にあげるようにしてください。ただし、体調に変化がある場合など、ごはんの回数を変えたほうが良い場合もあります。胃腸が弱っている時は、ごはんの回数を増やして少しずつ食べさせましょう。ドッグフードの量はパッケージの後ろに書いてある表を参考にしてください。

体重を量った上で、書いてある量を2回に分けてあげてください。ただし、これはあくまで目安でしかありません。犬によって最適な量は違うので、体重が増えたり減ったりする場合は少しずつ量を調整しましょう。手作り食をあげてみたい、あまりドッグフードを食べない、そんな時は手作り食との併用がオススメです。手作り食には、新鮮な栄養や水分がとれるという利点があります。

とはいえ、手作り食だけでは栄養のバランスが心配です。知らず知らずのうちに栄養が偏ってしまうこともあります。ドッグフードに細かく切って煮た野菜や鶏肉をいれれば、水分や栄養を手軽に摂ることができます。食欲をそそる匂いと味がするので、ドッグフードが苦手な犬でも食いつきも良くなります。また、生の野菜には酵素が含まれています。消化しやすいように細かく切ってから、少しだけいれてあげるとよいでしょう。

犬が食べられない食品を避けて、味をつけずに調理しましょう。ただし、手作り食はあくまでドッグフードのトッピングとして食べさせてください。ドッグフードはバランスのとれた総合栄養食なので、減らしすぎはよくありません。ドッグフードを一割減らして、減らした分を手作り食に変えるくらいが丁度良いです。毎回手作り食をドッグフードにかける必要はないので、用意できない日はドッグフードだけあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です