このページの先頭です

PR・プロモーション

ドッグフードを手作りするなら知識と工夫が必要!覚えたいコツは

835views

投稿日:

ドッグフードの手作りには知識と工夫が必要になる

市販のドッグフードを使うのに不安がある場合や、愛犬の食欲にあわせて調整をしたい場合はドッグフードを手作りした方が良い場合があります。手作りのごはんであれば防腐剤や添加物を加えずに、愛犬の健康を考えたメニュー作りもやりやすくなるからです。注意したいのは、突然全ての食事を変えようとするとうまくいかないことが多い点です。

食いつきを見ながら調整をすることも重要になるため、徐々に切り替えていくのがオススメです。愛犬にも好みがあるため、どんな食材が嫌いか事前に少量与えて様子を見ていくのもオススメです。中には健康に良いと思った食材が苦手で、ごはん全体を残してしまうこともあります。

犬は嗅覚に優れているため、嫌がる素材を減らすことや、肉の香りで誤魔化すなど工夫が必要です。ごはんを手作りする場合は、犬に必要な栄養について学ぶ必要があります。犬はもともと肉食で、人間と一緒に生活を共にすることで雑食性に進化してきました。しかし、野菜類を消化する能力は低いため、量を加減する必要があります。

ごはんなどの炭水化物や野菜に偏った食事では体を維持できなくなってしまいます。パンを与えるのも危険です。市販のパンには微量の塩分などが含まれています。人間には適量であっても、体が小さい犬にとっては過剰摂取の原因となります。大型犬であってもそれほど塩分は必要としないため、人間の食べ物をそのまま与える感覚は危険なのです。

たんぱく質や脂質の摂取には鶏肉や豚肉を使い、消化に優しくなるようにゆでた野菜や細かく刻んだ野菜を入れるなど工夫も必要になります。老犬であれば更に柔らかくなるように火を通すなど加減も必要です。最初から残さず食べてくれるかはやってみないとわからないこともありますが、事前に調べて調整する気持ちも大切になるのです。

ある程度慣れたら時間と手間を短縮するコツを覚える

ドッグフードを毎回手作りするのはかなりの手間がかかります。節約をしているつもりが、時間と費用を考えると市販のドッグフードの方が楽ということになってしまうこともあります。忙しい中で手作りごはんに挫折してしまう人も珍しくなく、どのように工夫するかが重要になってきます。

オススメなのが、食材を事前にカットしたり、火を通した状態で冷凍したりしておくことです。事前に火を通しておけば、軽く温めて混ぜるだけで食べさせることができます。もちろん、調理済みのドッグフードを一食ごとに分け、解凍して温める方法もあります。時間の短縮だけでなく、材料を無駄なく使うことにもつながります。

冷凍保存であれば数週間程度は保存が利くため、忙しいときのストックにも役立ちます。犬の食事を手作りするための雑誌なども増えているため、口コミなどを参考にして本を購入し、テクニックを覚えていく方法もあります。栄養バランスを考える上でも参考になる場合があります。注意したいのは、ネットで人気のブログなどの情報です。

口コミを調べてみると、犬の栄養学の面からするとマイナスの食事を作っている人もいるからです。芸能人やブロガーが書く情報を鵜呑みにするのではなく、実際食べさせても大丈夫なものかチェックしていく姿勢も大切です。書籍などであれば栄養学の専門化が監修しているケースが増えてくるため、情報の正確性が高まります。

見た目などにこだわるよりも、愛犬の健康を重視して考えるのが基本になるため、口コミの内容自体をしっかりと見極めた方が良いこともあるのです。一般のペットショップで市販されないプレミアムフードなども存在するため、愛犬の健康を守るためには複数の選択肢を確保し、その中から選ぶ意識が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です