このページの先頭です

PR・プロモーション

初チャレンジの飼い主は必見!手作りドッグフードのコツ

1205views

投稿日:

ドッグフードを手作りするポイント

犬の体質やライフステージに合わせたレシピにすること

参考書やネットの口コミなど、手作りドッグフードのレシピは非常に豊富にありますが、あなたの犬に合わせたレシピが重要です。ライフステージごとに、食べやすいごはんの大きさや硬さも異なって来ますし、食材ごとの量やバランスの調整も必要です。アレルギー持ちの犬の場合、避けたい食材をチェックしておく必要もありますし、ダイエット中であれば、カロリー控えめのごはんにするべきでしょう。

栄養バランスを計算する

市販のドッグフードと違い、手作りのドッグフードの場合、飼い主であるあなたが、栄養バランスを考慮した配合をしなければいけません。犬の場合、タンパク質と炭水化物をしっかり摂取できることが重要で、そこにビタミンやミネラルも必要になって来ます。五大栄養素はバランス良く取り入れる必要がありますが、特に太り気味の犬や、運動不足になりがちな室内犬は、脂質を控えるようにレシピを調整する必要もあります。

入れてはいけない食材をチェックする

犬の健康に危害が及んでしまったり、ごはんの食いつきが変わってしまったりすることもあるため、避けた方が良い食材というものがあります。栄養がたっぷり含まれていたり、犬が興味を持ったりしても、食べさせてはいけないものです。代表的なものはネギ系です。犬の赤血球を破壊し、溶血性貧血の原因になってしまうことがあるからです。

長ネギはもちろん、玉ネギやニンニク、ニラなどもネギの仲間です。チョコレートも有名ですね。カカオは、犬の心臓が正常に動作するのを妨げてしまいます。また、極度の刺激物も、犬にとってはマイナスの作用が大きいです。胃や腸などの消化器系に、著しい負担をかけてしまうでしょう。

手作りドッグフードにオススメの食材

ササミ肉

鶏のササミは、低カロリーで高タンパクの、非常に便利な食材です。口コミでも、ササミを使用したレシピは評判が良く、愛犬の健康を考えたごはん作りにおいて、非常に重要な役割を果たしてくれます。脂質が少ない上に、犬の食いつきも良くなりやすいです。市販のドッグフードのトッピングにも重宝するでしょう。よく茹でて、細かくカットするだけで、メイン食材として迎えることができます。

サーモン

鶏肉のアレルギーがあったり、よりヘルシーなドッグフードを手作りしたいと思っていたりする場合にオススメの食材がサーモンです。市販のドッグフードでも、サーモンをメインの食材に据えたものは、人気が高い傾向にあります。ミネラルも豊富で、腎臓への負担も減らしやすいため、老犬のごはんにも取り入れやすいでしょう。

キャベツ

骨や筋肉を生成する上で、決して欠かせないビタミンKが、非常に豊富に含まれている食材がキャベツです。食物繊維も豊富なので、便秘がちな犬の体質改善にもオススメです。水分も豊富に含まれているので、あまり水を飲まないときの対策にも適しているでしょう。更に、キャベツは抗酸化作用や疲労回復の作用があるビタミンCも豊富に含まれているため、ガン予防にもぴったりです。

モヤシ

低価格でたっぷり購入しやすいモヤシは、手作りドッグフードの心強い味方です。愛犬の健康を考えて手作りにしたものの、費用はできるだけ節約したいという飼い主にぴったりでしょう。ビタミンやミネラルが豊富なので、タンパク質が豊富な食材と、バランス良く組み合わせてあげてください。

サツマイモ

市販の犬用おやつにも、頻繁に使用されているサツマイモ。食物繊維が豊富で、高い整腸作用が期待できるため、便秘ぎみの犬にも嬉しい働きをしてくれます。腹持ちも良いので、食べ過ぎを避けたいダイエット中のレシピにも役立ったという口コミがたくさんあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です