このページの先頭です

PR・プロモーション

犬のごはんを手作りするならNG素材に注意!残り物も危険になる

725views

投稿日:

犬は食べられない食材が非常に多い

愛犬のために手作りのドッグフードを作る人が増えています。一方で気にしたいのが、犬が食べられない食材の多さです。犬は人間と体の構造自体が違うため、少量で毒になってしまう食材が多いのです。人間が普段口にする食べ物でも、犬には猛毒になる場合があります。絶対に与えてはいけないものもあるため、料理をする場合はしっかりと理解しておく必要があります。

絶対に与えてはいけない食材として知られるのが、レーズンやアボカドです。料理に使われることはないものの、ココアやチョコレート、キシリトールなども危険です。犬がこれらの食材を食べると特定の成分に過剰に反応してしまう場合があり、毒性によって死にいたる可能性もあります。

カニやエビなどの甲殻類や、タマネギやニンニクなども扱いに注意が必要な素材といわれています。愛犬の食事を作る際に人間と同じ食材を使ってしまうと危険なのです。この他にも犬にとって毒性が高いものや、過剰摂取に注意が必要な食材は数多くあります。犬のごはんを手作りするのであれば、安全性が確保された食材を中心に、無理に食材を加えないことが大切になるのです。

また、犬によって体質が違うことや、体格が大きく異なることもポイントです。特定の食べ物にアレルギーを持った犬も存在するため、一般的に販売されている肉が食べられないケースもあるからです。特殊な肉を通販で買う方法や、魚を利用する方法もありますが、それなりに価格が張ることが増えるのもポイントです。

アレルギーを起こしやすい肉を排除したプレミアムドッグフードの方がオススメなケースもあるのです。手作りごはんのハードルはそれほど高くはないものの、リスクをしっかりと知る必要があり、残り物を使って簡単にと考えるとマイナスになってしまうのです。

口コミをしっかり確認しながら選ぶ必要がある

愛犬の健康に気を使う人は多く、手作りごはん用のレシピ本やプレミアムドッグフードの種類は増え続けています。数が多すぎて迷ってしまうことも多いため、口コミなどを確認しながら購入を考えるのがオススメです。ポイントになるのが悪い口コミの内容をしっかりとチェックすることです。犬に食べさせられる食材は限られることが多く、工夫も必要になります。

見た目などを重視したレシピ本だと、作るのに手間がかかりすぎてしまう場合があるのです。お金も時間も十分にあって、犬と幸せに暮らすことだけを考えればできる料理と、普段共働きで忙しく、子供と犬の面倒を一緒に見なければいけない人では必要な情報が変わります。

実用性の高さや調理の手間を減らすテクニックがのっているかどうかがレシピ本に求められるケースが多いのです。自分の生活スタイルに近いレシピ本や、情報サイトを調べて勉強をすることが大切です。プレミアムドッグフード選びの場合も口コミが重要ですが、一般的なドッグフードよりも保存が利かない点に注意が必要です。

また、香料などを加えない分食いつきが悪いことも珍しくなく、ただ買って与えるだけでは消費しきれずに終わってしまうことがあるのです。プレミアムフードの場合は袋を開けてすぐに劣化が始まります。湿度の少ない冷暗所や冷蔵庫で保管するのが基本です。大袋で買うよりも、小さな袋でこまめに買い換えた方が安心です。

急にドッグフードをかえると食いつきが悪くなる場合もあるため、以前までのドッグフードを混ぜて慣らすなど工夫が必要なこともあります。手作りごはんを与える際も、最初は混ぜながら与えるのがオススメです。食べる量が増えたり、残すものがなくなったら加減したりしていけば良いのです。ある程度長い目で見ながら気を使ってあげることが、愛犬の健康を守ることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です