このページの先頭です

PR・プロモーション

海外のドッグフードは安心?輸入品を購入する際の注意点

1412views

投稿日:

国産ドッグフード以外にも多く出回っている輸入ドッグフード

ペットショップや動物病院、通販などで購入できる海外で作られたドッグフード

国産以外にも、現在の日本では海外からの輸入ドッグフードが多数出回っています。「より良いごはんをワンちゃんに」と考える多くの愛犬家による「〇〇国から輸入した〇〇社のドッグフードは最高」といったオススメの口コミが世界中で飛び交っています。

しかし、海外からの輸入ドッグフードは、国産ドッグフードよりも優劣の差が激しいのが現状です。また、表記が英語や現地語でされている商品も多く、少しチェックしただけではどんな材料が使用されているか分からない部分もあります。

北米やヨーロッパ主要国は「ペット先進国」とも呼ばれ認定機関から正式に承認を得られていれば品質は保証されているといえますが、ペット保護の環境が整備されていない途上国などではまだ問題のある品質のドッグフードが多く流通しています。「海外」と一口に言っても、品質の基準が一定ではないのです。

恐ろしい輸入ペットフード問題

北米やヨーロッパがペット先進国であることは間違いないのですが、それでも悪質なドッグフードは出回っています。2007年、アメリカで起きた飼い犬の大量死がペットフードの問題として有名です。アメリカを中心に、北米やヨーロッパで飼い犬の死亡や腎不全が口コミなどで多数報告され、世界的にも大きなニュースとなりました。

原因は、ドッグフードを製造·販売していた中国の企業による不正。汚染された小麦グルテンや、化学物質のメラミンを使ってワンちゃんのごはんであるドッグフードを製造していたのです。当時のアメリカではペットフードへの信頼性は皆無となり、家族であるワンちゃんを守るために多くの飼い主がドッグフードを手作りするようになりました。

ただ、手作りドッグフードよりも、専門家の監視の下で製造されたドッグフードの方が健康にとっても良いとの指摘を受け、チェック機関の審査を厳格化させることで飼い主を安心させることになったのですしかし、3600匹ものペットが死亡したとも言われているペットフード問題は、世界のペットを愛する人たちに大きな衝撃を与えました。「国」をチェックするだけでは、ドッグフードの安全性は確保できません。

輸入ドッグフードはどんな点に注意したらいいの?

気を付けたいドッグフードの販売ルート

動物病院やペットショップなどで獣医の先生や専門スタッフからお墨付きをもらい、愛犬のごはんとして適した商品だとオススメされれば安心ですが、スーパーやドラッグストアなどで購入する場合はそれほど専門的なアドバイスは期待できないでしょう。スーパーやドラッグストアでの購入に不安を感じる人もいるでしょうが、もっとも気を付けなければならないのは、「並行輸入品」のドッグフード。

輸入品には、大きく分けて「正規輸入品」と「並行輸入品」の2つがあります。正規輸入品とは、「正規代理店」としての認可を受けた業者が輸出から輸入まで製造番号を元に管理している輸入品。並行輸入品とは、輸出から輸入までを一つの業者だけではなく問屋や販売所なども介入し、認可を受けていない業者の取り扱う輸入品。

もちろん、正規輸入品だから絶対に安全という訳ではなく、2007年のペットフード問題も正規輸入品のペットフードでした。しかし、正規輸入品は製造元などに責任を追及することが可能です。並行輸入品の場合は製造元が不明になってしまうケースもあり責任追及がしにくいという面があります。

また、並行輸入品には正規の商品ではなく質の悪い海賊版の商品である可能性もあり、品質の保証はありません。「正規品」の記載をチェックする、国内外の口コミをチェックする、といった点を輸入ドッグフードを購入する際に気を付けることをオススメします。あまりに安価な商品は避けた方が賢明でしょう。

「オーガニックで栄養価が高い上質な輸入ドッグフードをブレンドし、手作りのドッグフードとして与える」「口コミで人気のヨーロッパ規格のドッグフードが欲しい」など、様々な愛犬家の要望に応えてくれるかもしれない輸入ドッグフード。しかし、愛するワンちゃんのごはんなので、安全性の確認だけは忘れずにチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です