このページの先頭です

PR・プロモーション

アレルギー体質の犬は意外と多い?改善策には注意が必要

1461views

投稿日:

一般的な肉にアレルギーを起こす犬も存在する

犬にもアレルギーが存在し、年齢を重ねることで症状がひどくなるケースがあります。人間と違って言葉で訴えくれない点に注意が必要で、飼い主が気をつけたいポイントになっています。頻繁に下痢や便秘を繰り返す場合や、体をかきむしってしまう場合は病気以外にも食事のアレルギーを疑った方が良いこともあるのです。

ドッグフードは様々な原料を使って作られます。その多くが動物性たんぱく質を含んだものであり、完全に植物性の原料でできているものは稀です。犬は雑食性ですが、もともとの祖先までたどると肉食動物です。たんぱく質や脂質は犬の体作りに重要になります。また、完全な草食ではないため、植物原料に偏った食事が体調を崩す原因となることもあります。

問題になるのは、一般的な鶏肉や豚肉にアレルギーを起こしたり、ドッグフードの量を増やすために使われる小麦や米などに反応したりする犬がいることです。ドッグフードを切り替えた際に症状が出るだけでなく、アレルギーがどんどんひどくなっていくこともあります。

何が原因でアレルギーが起こっているかは素人には判断できないため、獣医師に見てもらい、しっかりと原因を特定することが大切です。愛犬の健康を守るために栄養やごはんに気を使うことは基本になるため、気になることがあったらまずはかかりつけの医師に相談しましょう。

原因を特定できた場合は、アレルギー物質が入っていないごはんを与える必要があります。プレミアム系のドッグフードの他にご飯を手作りする人もいます。手作りごはんは自分で原料をしっかりと確認できるためオススメです。ただし、栄養に偏りがないように調整する必要があり、勉強と工夫を続けることが前提です。

口コミに惑わされないように気をつけた方が良い場合も

ドッグフードを手作りする場合は、いかに手間を省くかも重要になります。アレルギー物質が多い場合は使える材料も限られます。毎日手間をかけすぎてしまえば飼い主の負担が大きくなりすぎるのです。自分が病気をしたときのために、プレミアム系のフードでアレルギー物質が入っていない缶詰を用意するなど工夫をしてしまうのも方法です。

注意したいのは、内容を誇張するような口コミです。特にサプリメントには注意が必要で、科学的根拠がないものをすすめるケースがあるからです。例えば、アレルギーが良くなる、治るといった表現は問題です。サプリメントでアレルギーが治るという科学的根拠がないからです。信じられないようなデマの口コミを流して、お金を騙し取ろうとする人もいるのです。

少しずつアレルギー物質に慣らすことで症状を緩和する治療も存在しますが、サプリやドッグフードで簡単にできるものではないのがポイントです。量などを繊細に調整することが前提で、医師の指導をうけながら行う必要があります。自己流でやろうとしても症状悪化の原因となります。まずはアレルギーの原因物質から遠ざけるのが基本であり、食事からも除去していくのが基本です。

都合よくアレルギーを治せる薬などもないことに理解が必要です。注意したいのは、犬自体がアレルギーに気づいていないことがある点です。出されたごはんを食べるだけでなく、他人から与えられたおやつでアレルギーを起こすケースもあります。家族がいる場合はしっかりと説明を行い、無駄な食事をさせないことがオススメです。

知識なく食事を与えてしまう子供や、親、親類なども存在するからです。あまりにおなかを減らせた場合は、おやつ自体を手作りしてしまう方法もあります。塩分や糖分などに気をつけ、ジャーキーなどを手作りしてしまう人もいます。愛犬とのコミュニケーションもとりやすくなるため、いくつかバリエーションを作っておくのもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です