このページの先頭です

PR・プロモーション

愛犬の健康サポートに欠かせない! ドッグフードと手作りごはん

776views

投稿日:

栄養バランスがとりやすいドッグフード

昔は犬のごはんというと、人が食べたものの残り物をあげるといった、いわゆる残飯というものをあげていました。最近では犬も家族の一員として室内で飼育し、犬の健康管理にも気をつけている飼い主さんが増えてきています。健康管理をするために大切なのが犬のごはんです。元気に長生きして欲しいから、安心してあげられるご飯を選びたいですよね。

犬のごはんというと、まず思いつくのがドッグフードです。ドッグフードは種類がたいへん多く、どうやって選んだら良いか迷ってしまいます。ペットショップの方に聞いてみたり、動物病院の先生に相談してみたりインターネットで様々な口コミを参考にしながら、愛犬に合うドッグフードを選ぶことがオススメです。

動物病院で相談すると、お試し用のドッグフードサンプルをくれる場合もありますよ。ドッグフードは栄養バランスを考えて作られているご飯です。子犬はカロリーが高めのものを選んだり、体重が増えてしまった成犬はダイエット向けのフードに変えるなど、食事バランスで健康管理もしやすくなります。

また肝臓や腎臓などの病状に合わせたフードもあり、犬の成長や体調に合わせて選んでいくことがオススメです。最近ではドッグフードの質も高くなり、無添加のものなども販売されています。しっかりと原料まで気にしてあげることで、アレルギーを抑制したり、毛並みを整えてあげたりすることもし易くなります。

ドッグフードで足りない栄養は手作りごはんで補う

栄養バランスを考えているとは言え、やはりドッグフードには何が入っているか分からないと不安になる飼い主さんもいます。手作りごはんであれば、素材として何が入っているか把握できますし、同じ食材が使えるので安心です。また手作りしたご飯を美味しそうに食べる姿をみると、より嬉しく愛おしく感じますよね。

手作りごはんのレシピは色々な口コミがありますので参考にしながら作ることがオススメです。栄養バランスを考えながら作るなど、手作りご飯には難しい点もありますが、野菜や肉など、新鮮で愛犬が食べやすいものを与えることが大切です。作るポイントは水分を多めに入れ、食材は犬が食べやすいように小さくカットすること。

犬はあまり噛まずに飲み込んでしまいます。小さくカットしてあげると消化もしやすくなります。また味付けはしないで、素材の味だけで十分です。色々なトッピング方法などの口コミもありますが、まずは素材の味だけであげてみて、愛犬の様子をみながら変化をつけていきましょう。続けていくと愛犬の好き嫌いなども見えてきます。

手作りご飯は保存しにくいので、あげる分だけ作るよう心がけてくださいね。手作りご飯100%に変えてしまうと、栄養面の偏りなどもでてしまい、作るのが難しくなるうえ、作ることが負担になってきてしまいます。1食だけ手作りご飯に変えてみたり、休日の日だけチャレンジしてみるなど負担にならないように、気軽にトライしてみてください。

ドッグフードも手作りごはんも、健康をサポートするためには欠かせません。栄養バランスが取りやすいドッグフードと、フードでは摂取しにくい栄養素を手作りごはんでカバーしていけば、より健康を意識した食のバランスが保てます。犬は体調が悪くなっても、自分で病院へ行くこともできないですし、具合が悪いとも言えません。

飼い主さんがしっかりと愛犬の健康を管理していかなくてはなりません。ドッグフードも手作りごはんも、健康をサポートするためには欠かせませんよね。どちらもバランスよく併用し、大好きな愛犬が元気に長生きできるように、ごはんで健康サポートをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です