このページの先頭です

PR・プロモーション

知識を深めて手作りごはん!愛犬のごはん作りを楽しくするコツとは?

692views

投稿日:

愛犬のごはんに対する意識

愛犬のごはんとは

愛犬のごはんは、犬を飼ううえで、飼い主が1番気を遣うことだと言っても過言ではないでしょう。人間もそうですが、食を摂るということは、生きていくうえで欠かせない行為であり、その内容によっては健康状態を左右しかねません。愛犬を思えば思うほど、より健康的なごはんを与えたいと、どんな飼い主でも思うものですが、健康的な食事を与えるということは、意外と簡単なことではありません。

食に関する知識

犬を飼う以上、犬に対するある程度の知識は必要です。犬種による習性や特性だけでなく、愛犬ならではの個性もしっかり理解してあげる必要があります。それは食に対しても同じです。愛犬が必要としているカロリーや栄養素、あまり摂取してはいけない食品まで、犬が口にする食品に関しても、ある程度の知識が要求されるものであり、それは飼い主としての責任でもあります。

たとえ、与えるごはんがドッグフードのみであっても、その責任は変わりありません。与えるドッグフードにはどんな成分が含まれているのか、どんな犬に対して作られているドッグフードなのか、ドッグフードに対する多少の知識も要求されます。

優れたドッグフード

無添加食材

近年のドッグフードは研究が進んだことにより、犬種別だったり年齢別だったり、はたまた成分別だったりと、実に様々なタイプのドッグフードが販売されています。犬の健康状態を第一に考えて作られたものが多く、栄養バランス、使用している素材、摂取できるカロリーなど、どれをとっても優秀なものばかりです。

新鮮な食材にこだわり、愛犬の健康を脅かす添加物を取り除いて作られた、無添加のドッグフードもたくさんあります。飼い主は、このようなドッグフードを選び、与えることで愛犬の健康を守ることができます。

手軽で便利

愛犬のごはんの提供は、毎日行われるものです。できるだけ手間暇かけずに済ませたいけれども、愛犬の健康状態は守りたい、と考える飼い主もたくさんいます。栄養バランスに優れたドッグフードなら、愛犬の栄養バランスについていちいち考えずに、しかも手軽に与えることができるため、とても便利です。

ごはんの内容が急に変わることにストレスを感じてしまう犬もいますが、ドッグフードなら携帯にも便利でなおかつ、いつもと同じごはんを与えることができます。

同じものを食べるメリット

うんちで健康管理

決まったドッグフードがあれば、いつも同じものを食べさせるということにもなり、それでいいのかと不安を感じる飼い主もいることでしょう。ですが、同じものを食べさせていると、愛犬の体調管理にはとても便利です。

人間も健康状態が便に現れるといいますが、犬も同じで、ウンチによって愛犬の健康状態を把握することができます。いつも同じドッグフードを食べていればこそ、ウンチの変化に気づきやすく、愛犬の体調の変化にも、すぐに気づいてあげることができます。

旅先でのごはん

最近では、旅先にも愛犬を連れて出かける人が多くなりました。空前のペットブームに合わせ、愛犬と一緒に宿泊できる宿も増えています。そんな旅先での愛犬のごはんは、とても重要なものです。旅先で準備したものを与えると、急に食事の内容が変わったことに、ストレスを感じてしまい、食べなくなる犬もいます。

また、食べたとしても万が一体調不良などを起こしてしまった際、何が原因なのかその理由を特定することが難しくなります。ドッグフードなら旅先にも携帯することができ、いつも通りのごはんを与えることでストレスをなくすことができます。体調不良が発生しても、ごはんの内容がいつもと同じなら、その原因から食事を排除することができ、体調不良の原因を特定しやすくなります。

災害や被災時

災害はどこで起こるかわからず、いつ食べるものに困る状態に陥ってしまうかも、わからないものです。被災して、避難生活を余儀なくされた時など、自分の食事だけでなく愛犬の食事にも困ることになります。そんな時こそ、いつも食べているドッグフードがあればとても便利です。避難先に持ち運ぶことができるうえに、栄養バランスが取れた食事をいつも通りに与えることで、愛犬のストレスを軽減させることができます。

愛犬のごはんを楽しく手作り

できそうでできない理由

愛犬のごはんを手づくりしたいと考えても、ハードルが高く、なかなか手作りできずにいる飼い主もたくさんいます。では、どんなことにハードルが高いと感じてしまうのでしょうか。

責任が重い

愛犬のごはんは、愛犬の命をつなぐものでもあります。栄養バランスがとれた食事を用意する必要性を考えると、責任が重いと感じてしまう飼い主もたくさんいます。栄養バランスだけでなく、愛犬が必要としている摂取カロリーや、食べてはいけない食品など、他にもある程度の知識が必要となることが多々あるため、ごはんを与える責任を重く感じてしまいます。

面倒

愛犬が食べやすい大きさに食材をカットしたり、煮たり焼いたりと、人間の食事と同じように手間暇がかかることを、ただ単純に面倒だと感じてしまう飼い主もいます。1日の食事の回数は、犬によって違いがありますが、毎日繰り返されるこの手間暇を面倒だと感じるようです。

費用がかかる

栄養バランスを考えて作るとなると、複数の食材を準備する必要があったり、食材が大幅に余ってしまったりと、気が付くとドッグフードより費用がかかっていたなんてことも、よく聞かれる話です。

1つの食材から、できるだけ多くのレシピを考えるなど、コスパも考えて手作りしなくては、かえってマイナス効果が大きくなってしまいます。インターネットには、犬のレシピに関するサイトもたくさんあるため、このようなサイトのレシピを参考にすることを、オススメします。

楽しく作るポイント

愛犬のごはんを、どうせ手作りするのであれば、少しでも楽しみながら作りたいと思うものです。愛犬のごはんを楽しく作るためのポイントとは、どんなことがあるでしょうか。

知識を深める

愛犬のごはんを手づくりするうえで、最低限必要とされる知識もあります。犬に関する知識だったり、食に関する知識だったり、いろいろありますが、愛犬のためだと思えば楽しく学ぶこともできるはずです。完璧に学ぼうとすると重荷になってしまうため、まずは必要最低限の知識をつけ、そこから先は手作りする回数を増やしながら、徐々に知識を深めていくことをオススメします。

人間の食事からアレンジ

愛犬のごはんのためだけに食材を用意しようとすると、コスパが悪くなってしまうだけでなく、何となく面倒だと感じてしまう確率も高くなります。愛犬のごはんも、できるだけ人間の食事を用意するために使う食材を使って手作りすると、気負わずに、楽しく作ることができます。ただし、人間には問題ない食材でも、犬にとっては命に危険が及ぶような食材もあるため、やはり最低でもそのような知識は必要となります。

毎日手作りしない

手作りごはんを楽しくするための、最大のポイントです。毎日必ず手作りをしなくてはと思うだけで、次第に気が重くなり、面倒だと感じてしまう可能性も高くなってしまいます。簡単に与えることができ、栄養バランスに優れたドッグフードを用意し、このようなドッグフードを併用しながら手作りごはんを与えると、手作りごはんも長く続けられるので、オススメです。

食事の内容が急に変わるのは、犬にとってストレスとなるため、ドッグフードの日と手作りの日を交互にするなど、ある一定のリズムを作っておくと、愛犬も順応しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です