このページの先頭です

PR・プロモーション

やっぱりお肉!犬の手作りごはんに使う食材の選び方 お肉編

769views

投稿日:

ドッグフードもいいけれど手作りごはんは食いつきが違う

犬に与える食事としては市販のドッグフードが手軽で便利です。最近のドッグフードは味や食材にこだわって作られたものが多く、犬種別や年齢別など犬にあわせていろいろな種類が発売されているので無理なく健康管理できるのもメリットです。便利なドッグフードですが、犬によっては市販のドッグフードを好まないケースもあります。

食事は健康管理の基本でありしっかり食べてくれないと飼い主としては心配になるばかりです。食の細い犬に対してはドッグフードではなく手作りごはんがオススメです。飼い主が味と栄養のバランスを考えながら愛情を込めて作った手作りごはんは犬の食いつきが違います。

食事の様子を見ながら量や食材を調整できるのでさらに繊細な健康管理ができるのも手作りごはんの魅力です。料理が苦手でも素材にしっかりとこだわれば犬が喜ぶ手作りごはんを作るのは難しくありません。愛犬にいつまでも健康で元気に過ごしてもらうためにも手作りごはんでおいしい食事を与えましょう。

手作りごはんのメイン食材は「肉」

犬に与える手作りごはんのメイン食材は「肉」です。犬はなんでも食べる雑食の動物ですが一番好む食材は肉類です。体の構造的にも肉は犬にとって最も必要な食材であり肉をメインにした手作りごはんは健康維持に高い効果を発揮します。ただし、肉ならなんでもいいというわけではありません。与える肉を間違うと健康維持どころか体調をくずす可能性もあります。犬が喜ぶ手作りごはんのためにも健康によい肉を吟味して使いましょう。

犬の手作りごはんに使うお肉の選び方

鮮度のよさは絶対条件

犬の手作りごはんに使う食材選びの条件として、一番優先すべきなのは「鮮度」です。鮮度の落ちた肉は、体調不良の原因となります。傷んだ肉は嘔吐や下痢などの症状を引き起こす可能性があり、食中毒になれば命の危険も考えられます。体調不良を引き起こすことはなくても、鮮度の落ちた肉を食べると消化器官に負担がかかり、余計な体力を消耗します。

歯の健康や毛のツヤにも肉の鮮度は大きく影響するので、できるだけ鮮度の良い肉を選びましょう。最近は熟成肉がブームですが、犬用の肉は熟成させる必要はありません。熟成による美味しさよりも、犬用ごはんで優先すべきなのは「健康」です。熟成していない新鮮なお肉でも、犬は喜んで食べてくれるでしょう。

安価な鶏肉、食いつきの良い牛肉

犬用の肉として選ばれることが多いのは、鶏肉と牛肉です。豚肉は加熱調理が必要なため、犬にはあまり与えません。与えても健康上問題はありませんが、生で食べても問題のない鶏肉や牛肉のほうが安心で調理も手軽です。

鶏肉の魅力は「価格の安さ」です。産地にもよりますが安いものなら100g80円程度で購入できるので、コストを低く抑えることができます。食事量の多い大型犬のごはんを用意すると費用がかさんでしまいますが、鶏肉なら安くておいしい食事を準備できます。

牛肉は香りが強く、犬の食いつきが良いことが特徴です。ドッグフードを食べたがらない犬でも、上に牛肉を少し乗せてあげるだけで食いつきが良くなるほど、犬にとっては魅力的な食材です。牛肉は鶏肉とは逆にコストが高く、毎日与えていると経済的な負担が大きくなってしまいます。

普段は鶏肉をメインにして、ごちそうやご褒美としてたまに牛肉を与える、というようにメリハリを付けて手作りごはんを用意してみましょう。毎日の食事に楽しみを与えつつ、コストも抑えられるのでオススメです。

脂身は取り除くこと

肉の脂身は取り除いてから使いましょう。犬は脂肪分を好みますが、与えすぎると肥満の原因になります。最初から脂肪分の少ない鶏ムネや牛モモ、牛スネなどの部位を選ぶと、安心して与えられるごはんが楽に作れます。サーロインなど脂身の多い部分を選ぶメリットはありません。脂身と同じく調理にオイルを使うのも厳禁です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です